会社に務めながら、若者で富山県を盛り上げたいとイベントやボランティアに力を入れて活動してきました。そこで気づいたのは世の中を変えるのは「よそ者、若者、バカ者」と言いますが、よそ者よりもそこに住んでいる人自身が本気にならないと何も変わらないという事です。それを機に拠点を生まれ育った滑川に移しイベントやボランティアだけでなく子供のPTAや消防団、西地区の主事補など地域に密着して活動をしてきました。その中で日に日に自分の手の届く範囲だけでなく長期的に滑川市の更なる発展に尽力していきたいと考えるようになり、その手段として政治家を目指すようになりました。
現在人口減少が大きな問題となっており、滑川市も10年後には3万人を切るかもしれないデータも出ています。人口減少の波は止められない中でもしっかりと持続可能都市をつくる為、選ばれる市にならなければいけないと考えています。滑川市の「人」「まち」「産業」をしっかり育て「住みたい!!訪れたい!!働きたい!!」市民からも市外の方からも選ばれるまちを目指します。
私自身32歳と若輩者ですが、皆様のご意見を頂戴しながら一歩一歩課題を解決し住みよいまち滑川を作っていきたいと考えています。ご支援よろしくお願いします。

   だいもん       りょうすけ

大門良輔


1985年3月26日 32歳
祖母・父・母・妻・子供2人4世代で生活


●経歴
高月保育園、田中小学校、滑川中学校、桜井高校を経て
金沢工業大学情報工学科卒業
㈱ホクエツ北陸勤務
高校時代ソフトテニスインターハイベスト16
 
●主な地域活動
2010年 鬼ごっこでギネス世界記録に挑戦 代表
2010年 平成広徳塾1期卒業
2012年~ 滑川市消防団・第一分団入団
2014年 自民党政治学校1期卒業
2014年 自民党政策コンテスト優秀賞受賞
2014年・2016年 笑顔の架け橋 共同代表
2016年~西地区公民館主事補
2016年~滑川市男女共同参画推進委員
2016年 高月保育園愛育会会長(現在副会長)
2016年 だるまさんが転んだ世界記録に挑戦 代表
2017年 田中小学校育友会執行部
2017年 自民党政策コンテスト優秀賞受賞
2017年~滑川青年会議所所属
 

いつも支えてくれる家族

だるまさんが転んだギネス記録に挑戦

鬼ごっこの参加人数でギネス記録に挑戦

 

第一分団員として滑川市消防操法大会出場

ベトナムランタン祭りに実行委員として参加

北京の日本大使館にてファッションショーのお手伝い

〇目指せ!子育て日本一宣言!!

滑川市は保育料第二子無料と子育て世代に優しい政策を行っています。
今後は病児保育の設立や子育て関係の情報発信のアプリの開設など子育て支援政策を充実させ日本一の子育て環境を目指します。
子供の生きる力を伸ばしながら、働く保育者の支援をめざします。
 

〇次の滑川を担う人材を育てる

若者を対象とした「まちづくりの塾」の開校をめざします。
街づくりを勉強した上で滑川の現状と課題を把握し、最後に塾生で事業を行います。この塾を通して多世代の交友や次世代のリーダーの発掘をめざします。
 

〇住みたいまち滑川

高齢者が安心して暮らせ、健康寿命延伸できるまちを目指します。
滑川市は富山市、魚津市に囲まれたベットタウンとしての好立地な土地柄と海から山までが近く天然のコンパクトシティーと言われるほど住みやすいまちです。
そして子育て日本一宣言で人口流入の一番多い子育て世代をターゲットとした、住みやすいまち滑川を目指します。

〇中滑川駅前の整備

長年放置されてきた中滑川駅前の旧農協跡地に「集う・学ぶ・遊ぶ・憩う・食す」をテーマとした、市民や地域住民の憩いの場を創造します。
そして多世代が集まる持続可能な都市計画を推進します。
 

〇今ある資源を活かしたまちづくり

滑川にか豊かな自然や歴史・スポーツなど豊富な観光資源が多くあります。
一つ一つ磨き上げブランド化することにより、ワクワクする滑川をめざします。
 

〇訪れたいまち滑川

今ある資源を利用した体験型の観光、上市や立山と連携を行い海と山広域で観光戦略を官・民連携をいて組み立て、交流人口増加を目指します。

〇滑川の資源を生かしたブランド確立

滑川市は世界に誇れる海洋深層水取れるまちです。
その豊富な水資源を活かし官・民が連携をして新しいブランドの設立や新たな産業づくりをめざします。
 

〇働きたいまち滑川

漁業・農業の活性化に向けた支援の強化を行います。
空き家や空き店舗を活用した事業に対する補助を強化します。
チャレンジしやすい環境の整備を図って、創業支援政策の充実させます。
あらゆる産業に携わる男性も女性も若い世代も働き盛りの世代も、誰もが働きやすいまち滑川をつくります。
 


 

大門良輔(だいもんりょうすけ)後援会では、
大門良輔の活動をご支援いただける後援会員を
募集しております。
是非とも皆様方のご協力お願い申し上げます。
 


 
大門良輔後援会事務所
〒936-0078
富山県滑川市高月町561
TEL:076-475-0455
FAX:076-475-9888
MAIL:ryousukedaimon0326@gmail.com